【TeNSINoALICE】シノアリス最新攻略ブログ

シノアリスの最新の攻略情報を発信していきます。

TeNSINoALICE

【シノアリス】前衛と後衛どっちがいいの?〈初心者向け〉

 

すでに当ブログのリセマラのページを読んでもらった人ならばもう聞いた話ではあると思うが、前衛と後衛どちらかに絞って武器を集めたほうが効率よく強くなれる。

このことから、自分がどっちをしようか考えてからリセマラをして方がよいと私は考えている。

 

しかし、やったこともないのにいきなりどっちが良いか?と聞かれてすぐに答えられる人は少ないと思う。

そこでまだ自分がどちらをするか迷っている人用に、前衛と後衛の特徴や違い、メリットデメリットなどをまとめていこうと思う。

 

 

1.それぞれの特徴

まず前衛と後衛が基本的にどういったものかについて今一度まとめていくことにする。

・前衛

まず前衛についてだが、基本的に”モノガタリ”(ストーリーモード)でも”コロシアム”(ギルドバトル)でも攻撃することが主な役割である。刀剣、打撃、射出、長柄武器を使って敵にダメージを与えて倒すことが前衛の仕事である。

コロシアムの際には基本的に戦闘システムの都合上前衛役は5人が最適とされ、前に立って敵と殴り合うことを求められる。

前に立つ分、華があるので、積極的な性格、もしくは自分が目立ちたがり屋だと思う人は向いているかもしれない。

 

・後衛

後衛は基本的にどのモードでも味方の戦闘をサポートすることが主な役割となってくる。

基本的に杖、楽器、魔書を使って前衛の体力回復や能力強化、敵の弱体化などの戦闘を支援することを求められる。

コロシアムの際には基本的に前に出ている前衛5人以外が担当する。ギルドは15人が最大人数なので前衛分5人を抜いた10人が後衛をしていることがほとんど。

どちらかといえば縁の下の力持ちとして前衛をサポートするため、裏方のような印象を受けるが、後衛がいなければ、特にコロシアムでは後衛の質が勝負の分かれ目と言えるほどに重要な役割でもある。人を助けたり、支えたりするのが好きな性格の人物に向いているという印象を受ける。

 

2.それぞれのメリットデメリット

それぞれがどのようなものかは前述のとおりであるが、実際に前衛、後衛として遊んでいる時に起こりうる個人的に考えるメリットとデメリットを書いていこうと思う。

・前衛

・メリット

 攻撃役なので華があり、またコロシアムだけでなくモノガタリなどでも敵を倒すために基本的に必ず必要な存在であるのでやりがいを感じやすい。

 また”討伐”という、高難易度クエストをほかのプレイヤーと協力してクリアを目指すというイベントが定期的に開催されているが、その高難易度クエストでは基本的に後衛役は1人-2人、前衛役は3人以上といったバランスがクリアしやすいこともあって、前衛であれば”討伐”イベント等に枠の数的に参加しやすいといったことはある。

・デメリット

 コロシアムもしっかりやるようなギルドでは当然ながら前衛は5人が最適なので、後衛に比べると前衛は枠が少ない分募集も少なくなりがち。また前に立って敵と殴りあうため、基本的にはHPが高く強い人が求められる。HPはrankを上げることでも少しずつ上がってゆくほか、ジョブを手に入れて育てることでも上がってゆく。そのため運が悪くジョブがあまり引けていないだとか、あまりプレイする時間が取れなくてrankが全然上がらないとかであると、コロシアムを重視しているギルドで前衛をやってゆくのは厳しい場合もある。

・後衛

・メリット

 コロシアムでは基本的に前衛5人、後衛10人で構成されることがほとんどなので、コロシアムを重視するようなギルドに入る場合も前衛に比べると枠の数が多い分募集も多い。

 またコロシアムでは、前衛は前に立って敵の前衛からの攻撃を受けることになるためステータスやHPの高さが重要になってくる一方で、後衛であれば敵の攻撃を受けることはないので、HPの高さを気にする必要はほとんどない。

 また前衛と違い、後衛の、特に楽器と魔書のS武器の中にはSS武器のスキルに勝らずとも劣らない有用なものも多いので、初心者のうちからある程度活躍できる可能性もある。

・デメリット

 後衛は基本的に魔具を除いて攻撃が出来ないため、”モノガタリ”などを進めるにあたって、ほかの前衛NPCやプレイヤーをサポートしてクリアするか、前衛用の装備も整えて前衛としてクリアするかしなければならなくなる。

 正直筆者は”モノガタリ”の憎悪編ハード5章以外は後衛でやっていても詰まったことはなかったのでそれほど問題には感じなかったが、やはり前衛で殴ったほうが”モノガタリ”を早くクリアして進められることは確かである。

 また前衛の項でも触れた”討伐”イベントの際には後衛が必要とされる枠が少なく、また基本的には回復役として求められるパターンが多いので、楽器や魔書ばかり持っている人はなかなか活躍できず、クリアが難しい可能性が出てくる。

 そして討伐だけにかぎらずイベントクエストのようなものを高速で回りたいといったことになった際にあまり攻撃できない後衛はメンバーによっては邪魔もの扱いされる場合もある。

 

3.最後に

 メリット・デメリットについて思いつくものをいろいろ書いてしまったが、上記の問題の中で募集枠が云々、ギルドに入りやすい入りにくい、等に関しては、高望みしなければそれほど問題は無いと私は考える。

結局は自分の身の丈に合ったギルドを、自分の力を必要としてくれるギルドを上手く探せるかどうかであると思う。

現在、新規プレイヤーが多くなってきて、そんな人たちの中でもギルド探しを始めている人もいると思うが、本当に始めたばかりの初心者でも入れてくれるコロシアム重視のベテランギルドは正直少ないと思われる。

また入れたとしても自動承認ギルドだったりするとあまりアクティブでないギルドの場合も多くあると思う。

そういったときに、もしもっと毎日みんなでコロシアムをしたいだとか、いっしょにイベントしたいだとか思うのであれば、思い切って新しいギルドを作ってみてほしい。

幸いにもそんな君と同じように思っている新規プレイヤーは今ならたくさんいるだろう。

 

話がずれてしまったが、前衛と後衛どちらが良いか考える際に一番重要なことは、結局は自分の性格にどちらがあっているか、本当にやりたいのはどっちなのかということであると私は考える。

本当は前衛やりたいけど、コロシアムちゃんとしている強いところに入りたくて嫌々ながらも後衛やっている人がいるという話はよく聞くが、それではモチベーションも上がらず当然やりたくない後衛装備も育たず、コロシアムで活躍できず、活躍できないとますますモチベーションも下がって...という悪循環に陥ってしまうこともあると思う。

そうなるぐらいだったら、やはり自分のやりたいことをやったほうが良いのかもしれないとは思う。

 

また現在コロシアムを重視しているギルドは多いが、それだけがギルドのメリットではないので、一緒に遊ぶ友達を求めて、あるいは自分と同じ趣味を持つ人たちと話したりしたくてギルドに入るといったこともあるとおもう。

そういった場合には前衛後衛関係なく遊べることもあるかもしれない。

このゲームの楽しみ方も一つではないのでここに書いてあることは、ただのコロシアムを重視してきた1プレイヤーの意見として、受け取ってほしい。